ごあいさつ

Company Information

HOME > ごあいさつ

ごあいさつ

photo1.jpg
name.gif

今、企業が直面している課題として、少子高齢化社会への対応があります。

国はその施策として、
1)働き方改革の推進 2)AIの導入 3)副業兼業の解禁等を謳っています。

働き方改革につきましては、時間外労働の圧縮や有給休暇の取得の義務化があり、弊社内におきましてもそれらを推奨しております。これは、労働生産性のアップ及び、品質の向上につながります。

AIの導入につきましては、労働者不足を補うためのもので、他には、外国人労働者の雇用やIoT(モノのインターネット)・ICT(情報通信技術)の導入が進んでおります。 これらは、建設業界にも取り込まれていくことで業務の効率化・品質の向上が進み、少数精鋭の組織づくりにつなげることが出来ると期待されるため、積極的に取り入れていく必要があると考えております。

副業兼業につきましては、主に60歳から多くの勤労者の所得が減少しますが、この補完的措置の意味合いが強いと思われます。建設業は経験値という財産が重要な業界の一つであり、意欲と能力のある高齢者が健康に社会で長く活躍することが出来る環境を作っていく必要があると考えます。

世相的には課題が多く、非常に厳しい状況ではありますが、社会の変化をポジティブに捉え、時代に対応しながら、社員が安心して生活できるように、また、お客様には快適な住空間が届けられるように、努力して参ります。

理念

社是

「至誠」・・・きわめて誠実なこと。また、その心。まごころ

社訓

一.誠意を尽くし社業の発展と社会の繁栄に貢献する
一.創意工夫し技術の研鑽と業績の向上に努める
一.責任を自覚し緻密な計画と果敢な実行に努める
一.心身を健全にし明朗な職場と幸福な家庭を築く

経営理念

顧客が安心して発注することができ、
企画段階から竣工後の長期にわたり
安心感・満足感および誇りを持ち得る
製品の質を請合うことを目的とする。

業務方針

  
業務方針

1. 顧客の期待やニーズを理解し、信頼と技術力の向上を目指し顧客の満足
  する建設物を提供します。
2. 環境に配慮した良い物を、より早く、より安く、安全に造ることによっ
  て、地域社会に貢献します。
3. 業務方針を達成するためにマネジメントシステムを策定し、継続的改善
  を図ります。
4. 省エネルギー、省資源、建設副産物の適正処理、リサイクルの推進に積
  極的に取り組み、環境負荷の低減を図ります。
5. 従業員の健康維持、増進に努めます。
6. 法規制、及び自主基準等を順守すると共に環境汚染の予防、労働災害の
  防止に努めます。
7. 当社は、品質・環境・労働安全衛生に関する従業員教育を積極的に行な
  います。
8. 当方針は、従業員並びに社外にも公開します。

ページトップに戻る

〒870-0854 大分県大分市羽屋279番地1 / 電話 :097-545-7878 (代表) / ファックス:097-545-3955

Copyright © SHINSEI KENSETU Corporation All Right Riserved.